観光旅行もクルマが一番!

信州観光するときは自動車が便利です。

離れた観光スポットをまわることが多いので、時間の節約になって効率的に旅行ができるからです。

東京などの都会と違って公共交通機関網が少なめです。特に本数が少ないのが痛いですね。

バスなどは不採算路線も多いようなので、朝夕の出勤・帰宅時間帯以外の日中は1時間に1本なんて路線もザラにあるんです。

土日になるともっと減っちゃうんですよね。

長野市や松本市といった大きな都市の市街地だけを回るならそれほど不便じゃないんですけど。

離れた観光スポットや近隣の地域もついでに見てみたいなんて時はクルマが必要です。

私が観光旅行にでかける場合でも、東京や京都なんかだと、クルマで行くことはありません。

だってメンドーくさそうですからね。

だけど北海道旅行はクルマでした。やっぱり断然便利です。

長野県も同じことなんですね。

長野県の道路事情。市街地・幹線道路編


長野県の場合は国道や県道など主要な道路や広域農道は広くて便利です。

ただし、観光シーズンは混雑していて渋滞も多いです。

最近は行っていませんが、夏の軽井沢なんて大変です。

狭い道もけっこう多いので交通事故には気をつけてくださいね。

城下町松本市は市街地でも道が狭くて、一方通行も多いので慣れないと嫌になっちゃうかも。

観光シーズンは県外ナンバーのクルマが迷っているケースも多いみたいです。

ほとんどのドライバーはカーナビを利用していると思います。

運転中にそうそうカーナビの操作をしたり、しっかり見たりするわけにはいかないですもんね。

長野県の道路事情。峠道・山道編


市外をドライブするとなると、峠道や林道にでくわすこともあるかと思います。

こういった道はよほどの幹線道路でない限りは狭いことが多いので注意してください。

対向車とすれ違うときは、路肩ギリギリまでクルマを寄せないといけないので気を使います。

狭い上に、曲がりくねっていて見通しが悪いんですね。

長野県の山道ではスズキのジムニーが最強4WDといわれる所以です。(誰が言ってんだ?)

ランクルやらランドローバーでも、ましてやハマーなんかじゃないんですね。

これらは、中東とかの砂漠で乗るクルマって印象です。

それか、東京あたりで芸能人が乗り回すクルマかな。

夏なんかだと樹木などの植物が繁茂していて、さらに見通しが悪くなるなんてことも。

日差しが強い夏は、影になったところと太陽が照りつけるところの明暗の差、コントラストが強いので運転していても気を使います。

Next記事 基本は安全運転。信州路