ライティングの記事ジャンルは多彩!あなたの得意分野もきっとあるはず

記事を読む人の興味が人さまざま!だからジャンルは豊富

ライティングのジャンルは豊富です。

専門知識が必要とされるものもあれば、日常生活の感想を書く日記のようなものまであります。

実際に公的な資格保持者限定の仕事もあります。

たとえば、税理士や看護師限定ですね。

こういった案件は要求水準も高くなり報酬額も高くなります。

一方で、オンラインゲームやアプリの感想といったやわらかい内容の記事もあります。

自分の趣味が活かせるので、得意な人にとっては

気軽なお小遣い稼ぎができるのではないでしょうか。

実際に募集の多いジャンルは?

記事募集も多く、比較的報酬額が高いジャンルは金融・不動産・中古車系?

特に資格を持っていないという人でも

安定した報酬を得たいという場合は金融・不動産あるいは中古車関連の記事がよいかもしれません。

記事の募集数も多く安定的に仕事を探しやすいからです。

比較的報酬額が高いのですが、あくまでも”比較的”です。

高単価の仕事の場合は

金融機関勤務経験・FP資格保持者などに限定されることも多いからです。

そのほかの記事募集が多いジャンルは?

私のみたところ、次のようなジャンルは仕事が多いようです。

1.美容関連の商品案内・レビュー

・化粧品(特にしわ取りクリームなど年配向き化粧品)

・エステ・脱毛サロン体験談・紹介

2.ファッション関連

・ブランド紹介記事

・シチュエーション別のコーデ紹介

(子供の入学式でオススメのコーデといったものです)

・年代・季節別のコーデ紹介
(30代にオススメの秋のコーデといったものです)

3.芸能人情報

4.ゲーム・アニメ・コミック情報・レビュー

総じて仕事の単価は低いようです。

ただし、かなりトリビアな知識を持っている人(オタク?)だと優遇されるみたいです。

やっぱり、語学ができる人は有利!外国語の仕事は募集が多くて単価も◎

外国語の記事作成・翻訳の仕事も多いです。

英語の仕事が最も多くて、中国語がその次辺りだと思います。

マニュアルを翻訳するといったものから

日本の観光地や文化を外国語で紹介するというものまで様々です。

訪日外国人観光客が急激に増加したことを背景に

観光地案内のような仕事の需要が増えているのではないでしょうか。

2020年の東京オリンピックもあるので

今後も有望かなと個人的には思っています。

ただし、クラウドソーシングは世界のどこにいてもできるので

英国人の夫とイギリスに在住なんていう人もワーカーにいます。

翻訳を専業にしている、あるいは海外留学経験者・TOEIC高得点者などライバルも多いです。

Next記事 ライティングで高性能パソコン必要?