在宅ワークはじめるなら、まずは登録クラウドワークス

クラウドワークスは業界最大手のオンラインお仕事マッチングサイトです。

規模が大きいから、仕事の募集も多いんです。

だから、エンジニアデザイナーライターを中心としたワーカー会員100万人超

スキルも経験も豊富なトッププロのベテランから、スキマ時間を利用して稼ぎたい主婦や学生まで大勢の人が登録しているんです。

仕事の種類も約250種類。

自分のスキルに合わせて仕事が選べる幅の広さがうれしいですね。

地方在住でももちろん大丈夫。

子育てと両立させているママさんや、まだまだ現役で稼ぎたいシニアも数多く活躍しているんです。

会員登録無料簡単にできます。

もちろん年会費などはかかりません。

クラウドワークス、仕事の手順は?

楽天銀行クラウドワークスではジャンルごとに仕事の募集案件を探せます。

金額や仕事の期日順などの一覧で探します。

気になる仕事があったら、その詳細を確認できます。

時間がないときは気になるリストに登録して、あとからじっくり確認することもできます。

やりたい仕事があったらクライアントに応募します。

自分のスキルや実績積極的アピールすることが大切ですね。

採用されたら、きっちり打ち合わせ。

疑問点や不明な点は仕事を始める前のこの段階で質問するなどして解消しておきましょう。

クライアントが仮払いを終えたら仕事を始められます。

仮払いというのはクライアントが報酬をクラウドワークスに支払うことです。

ワーカーにはまだ報酬は支払われません。

仮払いがされないうちに、仕事を始めて納品してしまうと報酬を受け取れないこともあります。

ですから、仮払いが済んだかきちんと確認してください。

残念なことに、報酬を支払わずに仕事をさせようとする悪質なクライアントもいるので注意してください。

仕事が終わって納品すると、クライアントが納品物のチェック(検収)をおこないます。

クライアントが納品物の出来に満足して承認すると、ワーカーへの報酬が確定します。

この段階では、まだワーカーの銀行口座に入金されません。

基本的には15日・月末にクラウドワークスから銀行口座に入金されます。

銀行口座に入金せずに、繰り越して(キャリーオーバー)おくことも可能です。

銀行口座に入金するときには手数料500円がかかります。

ただし、楽天銀行の口座の場合は100円と安いので、クラウドワークスを利用するなら楽天銀行口座を開設しておくことをおすすめします。

仕事を依頼するクライアント企業は10万社

クラウドワークスは会員登録数が膨大なので、仕事を依頼するクライアントの企業や個人も数多く10万社にもおよびます。

クライアントには官公庁地方自治体上場企業も多数。

経済産業省・TBS・伊藤忠やYAMAHAなどなど。

いろいろな仕事を依頼しています。

楽天銀行