もはや日常的ドリンク、甘酒

ここ数年、甘酒の人気ってすごいですよね。

スーパーマーケットで数種類の甘酒が一年中並んでいたり、自動販売機に缶入り甘酒があったり。

すっかり、日常の食生活に定着したといっていいんじゃないでしょうか。

私の子供の頃は、お正月とか桃の節句とか、特別な行事の時だけの、いわば「ハレ」の飲み物だったと思うのですが。

甘酒。うちではコタツのなかで発酵させていた

甘酒というと、私はコタツが連想されます。

母が甘酒を作るときは、おひつにお米と米糀をいれてコタツのなかにいれて温めて発酵させていたからです。

フタがとれないように、風呂敷でしっかりしばりつけてありました。

だから、冬から春のあいだの飲み物という印象です。

子供でも飲める、身体を暖めてくれるやさしいお酒。だったんですね。

作ってもすぐに飲めるわけではないので、できあがるまでが待ち遠しい飲み物でした。

今では、甘酒にもいろいろなタイプがあって、すぐに飲むことができたりして便利ですよね。

信州味噌名門のマルコメ「プラス糀 糀甘酒」リリース

マルコメ「プラス糀 糀甘酒」はアルコール分0%。砂糖不使用がうれしい

マルコメといったら信州味噌の名門メーカー。

味噌作りで培った発酵技術を活かして「プラス糀 糀甘酒」シリーズを作って好評です。

甘酒を作る時は米糀(こめこうじ)の他にも酒粕をつかうこともあります。

酒粕をつかった甘酒は、アルコール分を含むこともあります。

また甘さをだすために砂糖を加えているんです。

でも、マルコメの「プラス糀 糀甘酒」は米糀の甘酒。

アルコール分0%で、砂糖不使用

米糀発酵パワーお米自然の甘さを引き出しているんです。

しかも、甘酒にはオリゴ糖食物繊維も豊富。

腸内環境を自然の力で改善してくれます。

腸内環境をきれいに整えておくことは、健康はもちろん美容にとっても大切なこと。

手軽においしく飲める甘酒健康美容までケアできればうれしいですよね。

マルコメの「プラス糀 糀甘酒」は赤ちゃんだって安心して飲めるお酒

プラス糀 糀甘酒」の材料は国産米米糀、そして微量の食塩のみです。

だから身体にとってもやさしい飲み物です。

生後10ヶ月ほどの赤ちゃんも飲めるんです。

ただし、赤ちゃんが飲むときは2・3倍程度に薄めることをマルコメでは奨めています。

マルコメ糀甘酒乳児用規格適用の製品です。

厚生労働省によって定められた、食品中の放射性物質の新基準値。

乳児用規格適用は一般食品(100ベクレル/kg)より2倍厳しい50ベクレル/kgを基準としているんです。

赤ちゃん授乳中のママでも安心して飲めますね。

続けて飲みたい人には、お得で便利な「定期お届け便」がオススメ

マルコメ糀甘酒定期お届け便」は、1ヶ月あるいは2ヶ月に1度、希望の商品を定期的に届けるサービスです。

全品10%オフ優待価格で購入できるほか、送料も無料で配送してくれます。

続けて飲みたい人は利用されてはいかがでしょうか。