信州そばのメインストリーム!戸隠そば

そばも神社も山伏も!神秘的なパワースポット戸隠

そばで名高い信州においても、筆頭に挙げられるのが戸隠地方のそばです。

標高1,000mの高原地帯で、戸隠神社は昔から山伏や修験道で有名です。

猿飛佐助の故郷でもあり戸隠流忍法などで知られるミステリアスな地域です。

冷涼な気候であるため、昔からそば作りが盛んであったことからそばの名産地として知られています。

戸隠神社は奥社・中社・宝光社からなりますが、それぞれの近くにそばの名店がそろっています。

荘厳な杉林を散策したあとのそばは格別の味わいです。

なんだか名前も可愛い!「ボッチ盛り」

戸隠そばの特徴は「ボッチ盛り」と呼ばれるそばの盛り付け方です。

竹ざるのうえに、そばを小さく小分けに盛り付けます。

コンビニなどのそばでも、そばを小分けにしてあるものもあるので、イメージはつきやすいかと思います。

☆ スポンサーリンク ☆

じゃらんnet

秋分の日は「戸隠そば祭り」

戸隠のそば祭りは毎年9月23日ころの秋分の日に開催されます。

そば祭りの前夜祭の楽しみは参加店のそばの食べ歩き

「そば猪口」を購入すると、各そば店でざる1枚を食べられます。

2時間の間に何軒まわってもいいのでお得に食べ比べができます。

ただし、「そば猪口」は数量限定です。

当日は朝からそば職人のそば作りの実演が行われます。

このそばは「そば祭り」のクライマックス「そば食いコンクール」に使われます。

見物客にも提供されますが、はやめに売り切れになるので食べたい人気を抜けません。

「そば食いコンクール」は子供女性一般の部からなり、5分間で食べるそばの量によって競われます。

上信越自動車道長野南ICから車で20分ほど。

☆ スポンサーリンク ☆

【YJカード】

さすが信州!筑摩野にはなんと「そば集落」!?

信州筑摩野に「そば集落」が存在した!

信州の中心部松本市近くの筑摩野と呼ばれる地方も古くからのそばの名所です。

なかでも「唐沢そば集落」は、そばの名所として知られる信州でも珍しいそばの集落。

10件のそば店が小さな集落に密集しています。

また安曇野と並んで、道々に道祖神が多いから日本の田舎感タップリ。

唐沢地区は江戸時代から水車で粉を挽くことで有名でした。

昭和時代後半からは地元の民家でそばを提供するようになったんですね。

この地方は長芋・山芋の産地としても全国的に名高いんです。

とろろそばのメニューが多いのもうなずけますね。

筑摩野「道祖神と新そば祭り」は11月

11月上旬には「道祖神と新そば祭り」が開かれます。

新そばが格安で味わえることもあり、人気も定着。

長野自動車道松本ICから車で20分ほど。松本市街地からは車で30分ほどかかる。

Next記事 更級そば・木曽路そば


☆ スポンサーリンク ☆