信州ワインがいまアツい!

甲州ワインは日本ワインの功労者!

日本を代表するブドウ・ワインの産地といったら昔から甲州山梨県。

特に勝沼ワインは数々の国際的なワインコンテストを受賞する実力派。

外国の名門ワイナリーのワインにに優るとも劣らない甲州ワインを愛飲するワイン愛好家の方も多いんじゃないでしょうか。

確かに、日本ワインのハイクオリティを世界に広めた日本ワイン界の王者ですよね。

初回1,800円でワインが2本届く!ミシュラン星付きセレクション

信州はワイン用ブドウ生産量NO.1

しかし最近メキメキと実力をつけて国産ワインで注目を浴びるのが信州産ワインNagano Wine !

「信州と言ったらリンゴや蕎麦、それにレタスでしょ」
という方も多いかもしれませんね。

でも長野県は山梨県を抜いてワイン用ブドウ生産量日本一なんです。

信州ワイン躍進の理由はなんと地球温暖化?

「信州って日本酒では有名だけど、ワインはどうなのよ」という方もいるかもしれませんね。

信州がブドウ生産で躍進している理由として、地球温暖化を指摘する専門家も多いんです。

皆さんご存知の通り、長野県はお隣の山梨県より緯度が高くて、山梨県より冷涼な気候です。

ブドウの生産に最適な気候・風土はかつては甲州でしたが、地球温暖化の影響で温度が高くなったことによって、風土が似ていてより温度の低い信州が今ではブドウにとって最適な土地だということらしいです。

【厳選お奨めワイン】1万円(税込)以上お買上で送料無料!!

ワインバレー構想でワインランキング快進撃!信州ワイン

信州ワインバレー構想って何だ?

長野県が主導して、信州ワインを世界的水準までブラッシュアップしていこうというムーブメントが信州ワインバレー構想です。

欧米ではワインに適した品質の高いブドウが育つ土地のことを”ワインバレー(Wine Valley)”ということがあります。

アメリカのカリフォルニア州ナパなどが有名ですね。

ブドウ畑が広がり、ワイナリーやレストランの名店が軒を連ねて、家族連れやカップルなどの人々が集う、それがワインバレーなんですね。

メディアで話題! 新タイプの発酵系にんじん飲料【安曇野直行便】

信州のワインバレーってどこにあるの?

信州ワインバレーは、長野県の4つの地域が指定されています。

歴史も古く、最もワイン造りがさかんなのが「桔梗ヶ原ワインバレー」。松本市のお隣・塩尻市の桔梗ヶ原地区です。

「日本アルプスワインバレー」は松本市や安曇野といった長野県の中心に位置しています。松本市の山辺地区は長野県のブドウ作り発祥の地です。

「千曲川ワインバレー」は長野県東部。小諸市などに展開しています。

「天竜川ワインバレー」は長野県の最南部。寝覚の床や天竜舟下りで有名な観光スポットです。

Next 桔梗ヶ原ワインバレー