赤ちゃんのミルク、お茶、そしてシャンプーで違いが。水の硬度って?

軟水、硬水、水の硬度のお話

フレシャス水の硬度は、水1リットルに含まれるマグネシウム・カルシウムの合計量で測ります。

マグネシウム・カルシウムなどはミネラル(無機質)などといわれます。

これらの数値が高いものを硬水、低いものを軟水といいます。

日本は軟水が多く、フランスなどのヨーロッパは硬水が多いです。

一般的には軟水は口当たりがよくて、軟水は飲みごたえがしっかりしているといわれています。

繊細な味の日本茶が茶道として発展してきたのは、水の影響もあるかもしれませんね。

軟水なら、赤ちゃんのお腹にもやさしい。

シャンプーや石鹸も泡立ちやすくて便利ですよね。

肉食ではミネラルが不足がちになります。

その不足分を欧米の人たちは水(硬水)で補ってきたとも考えられています。

水と食文化って深く結びついているようです。

水の硬度。基準と定義は国・機関によってバラつきも

ミネラルウォーター 宅配日本の基準 数値は硬度(mg/L)です。

軟水  0〜100
中硬水 100〜300
硬水  300〜

WHO(世界保健機関)の基準

軟水 0〜60
中程度の軟水 60〜120
硬水 120〜180
非常な硬水 180〜

赤ちゃんの粉ミルク、ミネラルウォーターで溶かすときは硬度に注意!

水の硬度は水に含まれるマグネシウム・カルシウムによって決まります。

この量が多いものが硬水でしたよね。

マグネシウム腸を刺激して下剤の役割を果たすこともあるそうなんです。

大人にはなんでもなくても、赤ちゃんには刺激が強すぎて負担になる可能性もあるんです。

赤ちゃんは、内臓が未発達ですからね。

赤ちゃんに飲ませるから、水道水でなくてミネラルウォーターという親心はわかります。

ただ、ミネラルウォーターの硬度には注意してください。

ミネラルウォーター全部が悪いというわけではありません。
国産のミネラルウォーターでも輸入品でも軟水のミネラルウォーターだってありますからね。

心配という場合は、お医者さんに聞いたり、粉ミルクの注意書きなどを確認してください。

山国信州。海はないけど、水の王国!

浄水場の数、都道府県別ではダントツで日本一

長野県の浄水場の数428。

山国だからでしょうか
長野県の浄水場の数は日本一なんです。
その数は428

だから、どうした
という話ではあるんだけれど。

浄水場の数が200を超えるのはわずかに4県。
全国浄水場数合計が5,521です。

ちなみに東京都は99。

都道府県別浄水場数ランキング上位10(平成24年度)

1.長野県  428

2.静岡県  323

3.兵庫県  232

3.鹿児島県  232

5.北海道  186

6.群馬県   184

7.埼玉県   175 

8.栃木県    173

9.熊本県    163

10.三重県    152

(公財)水道技術研究センター
JWAC 水道ホットニュース 第450号 より

水道だけど、”ホット”ニュース です。

アルピナウォーター

フレシャス