日本人ってホントに水に敏感!

ミネラルウォーター 宅配ミネラルウォーター海洋深層水水素水

日本では本当にいろいろな”水”が話題になりますよね。

テレビの情報番組や健康雑誌で特集されたり。

関連の商品もいろいろな会社からリリースされたり。

水素水はいろいろあったみたいだけど。

そんな水の話題をお届けします。

ペットボトルの水ってみんなミネラルウォーター?

フレシャス日本のミネラルウォーター4種類に分類されているんです。
農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」で決められています。

・ナチュラルウォーター
特定の水源の地下水。ミネラルは含まれていないことが多い。

・ナチュラルミネラルウォーター
特定の水源の地下のうちで自然にミネラルが溶け込んだもの。

・ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを他の水源の地下水とブレンドしたり、ミネラルを追加したもの。

・ボトルドウォーター
水道水や河川の水などで、飲用可能な水を利用したもの。

「ナチュラル」=「特定の水源」だと考えて、これにミネラルが入っているかどうかを組み合わせればおぼえやすそうですね。

おぼえる必要あるのか?

ちなみに、日本のミネラルウォーター加熱殺菌などの方法で殺菌・除菌されています。
ヨーロッパでは殺菌・除菌はされないことも多いようです。

じつは水道水のほうがペットボトルの水より、水質基準が何倍も厳しい!

けっこうちがう、水道水とペットボトル水の水質基準

「私は自宅でも水道の水は飲まない」

「ご飯を炊くのもペットボトルの水」

ペットボトルの水のほうが水道水より安全だと思っている人って多いですよね。

じつは、水道水の水質基準のほうが、ペットボトルの水より厳しいんです。

水道水は「水質基準に関する省令」。ペットボトルの水は「食品衛生法」

水質基準については、水道水とペットボトルの水では規制している法律自体が違っています。

そして水質基準項目の数クリアする基準も異なっているんです。

水道水は「水質基準に関する省令」に基づき、水質基準項目数は50。

ペットボトル「食品衛生法」に基づき、水質基準項目数は18。

有害物質のクリア基準は水道水のほうが5倍も厳しい!

水質基準項目数だけではなくて、水質基準クリア基準値水道水のほうが厳格なんです。

たとえば有害物質

カドミウムに水銀、ヒ素・鉛・亜鉛・・・。

なんだか2時間ミステリードラマの毒殺事件を思い浮かべちゃう有害そうな物質ばかりですよね。

もちろん、水道水の水質基準項目に含まれていてしっかりチェックされています。

ヒ素・鉛・亜鉛などのクリア基準値水道水のほうが5倍も厳しいんです。

アルピナウォーター

フレシャス