格安SIMを利用する場合は、スマホの利用シーンをチェックしよう!

LINEモバイル格安SIMを選ぶ場合は

自分のスマホ利用スタイル

チェックしてみると選びやすくなります。

自分がスマホを、どのように使っているかを思い浮かべてみましょう。

通話をどのくらいしているのかが大きなカギとなると思います。

スマホ利用スタイル別にまとめてみました。

1.大事な取引先と通話することが多く、その通話量も大きい

ビジネスシーンで通話することの多いヘビーユーザーは

3大キャリアのカケホーダイプランを利用したほうがお得で安心だと思います。

あるいは子供が離れて暮らしていて

よく電話でコミュニケーションをとっている人も該当するかもしれません。

2.通話もよくするけど、1の人ほどではない

格安SIM音声通話つきプランで充分かもしれません。

月額利用料金1,200円くらいからのプランがあります。

ただし通話料が発生します。

3.通話はほどんどしない

格安SIM音声通話つきプランまたはデータ通信専用プラン

あくまでも安さにこだわるならデータ通信専用プラン

通話は050電話ですませることができます。

音声通話の手段をしっかり確保したいという人は音声通話つきプランが安心です。

子供にもたせるスマホなどは、音声通話つきプランのほうがよろしいかと思います。

そもそも格安SIMって何?なんでそんなに安くできるの?

格安SIMとはMVNOとよばれる通信業者が

提供している音声通話またはデータ通信サービスのことです。

MVNOは自前の回線を持っていないんです。

docomoauなどのキャリアから通信回線を借りているんですね。

だから、通信回線を敷設したメインテナンスする費用がほとんど必要ないんです。

そういうコストが少なくて済むので、ユーザーに格安で提供できるわけです。

いまお使いの電話番号を変えたくないという人でも安心です。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)対応の格安SIMがほとんどなんですよ。

スマホ本体も新たに買い換える必要はありません

たいていの格安SIMdocomoの回線を利用しているので

docomoの端末やSIMフリー端末ならそのまま使えます。

auSoftBank系列のMVNOもあります。

auやSoftBankのユーザーでも安心です。

3大キャリアから乗り換えても

スマホ本体を利用できるので余計な出費が必要ないのがうれしいですね。

Next記事 格安SIMの手続きも取り付けも簡単