信州のドライブは安全第一でね!自動車保険も車検もしっかり準備

狭い道や峠道、雪道に凍結路、悪条件が重なりやすいのが雪国の田舎の道路です。

信州も例外ではありません。

交通事故だけはありません。クルマの故障でも重大な事態になりかねません。

例えば厳寒の冬の夜中に峠道で路肩にクルマが突っ込んだなんていう状況はどうでしょう。

ほとんど交通量がなかったら、そのまま凍死?なんてことも。

だから、クルマの整備や車検はキチンとしておきましょう。

もちろん、自動車保険もロードサービスがしっかりついたものを選びたいですね。

スタッドレスタイヤは必須!タイヤの寿命にも注意


ドライバーは冬の雪道には気を使いますよね。雪がいったん溶けて凍結した道なんかも。

幹線道路は広いから比較的に安心なんですが、そういう道路は大型のトラックなんかがけっこう雪道でもスピードを出して走っているので、慣れないドライバーはちょっと怖いかもしれません。

けっこう運転歴が長いゴールド免許ホルダーの私でもかなり気を使います。

そんな状態で大きなトラックと衝突したり、接触したしすれば、命にかかわる事故になりかねませんから。

雪の轍ができると、タイヤが通る部分だけが凹んでいて真ん中が盛り上がっているので、車体の下が雪をこすっているのが運転していてわかったりします。

冬は当然スタッドレスタイヤを装着!

信州としては雪の少ない地域に住んでいるんですが、私はだいたい12月中旬に装着して4月上旬までスタッドレスタイヤです。

スタッドレスの寿命にも気を使います。5年じゃもったいないから、7・8年履いているんでエラソーにはいえないかな。

スタッドレスタイヤは新しいうちはゴムが柔らかいですよね。

古くなってくるとタイヤがてきめんに固くなってきます。触ってみると素人でもはっきりわかるんですよね。

スタッドレスは夏用のラジアルより、グレードの高いタイヤを使用しています。

レンタカーが便利!信州旅行


県外から来るときは上信越道・中央道などの自動車道を利用すると便利ですが、長距離のドライブは疲れて不安という人もいるのではないでしょうか。

ガソリン代高速料金も馬鹿にならないし。

そういう場合は、JRの北陸新幹線や中央線を利用したり、高速バスが便利です。

そうして長野県についたら、レンタカーで長野県内をまわるというのが実践的だと思いますよ。

最近はカーシェアリングも有名になってきましたが、長野県ではあまり見かけないようです。

都会ではカーシェアリングもアリかもしれないですが、信州ではレンタカーですかね。